チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

ニュース

トヨタ自動車 コリン市の工場を完全自社所有に

トヨタ自動車 チェコの拠点でハイブリット車ヤリスの生産準備に入る

トヨタ自動車 コリン市の工場を完全自社所有に 出所: www.toyotacz.com

2021年1月1日、コリン市のフランスのPSAと共同所有していた工場のトヨタ自動車による完全所有を決定。この工場は、「トヨタモーターマニュファクチャリング チェコリパブリック」という新名称の下、他のヨーロッパ各国に所在する工場に基づき、TMMCZの商品名で操業。

共同事業は2002年に設立されました。2005年からトヨタ アイゴ、プジョー108、シトロエン C1コンパクトカーを生産しており、今後も生産を継続するとのこと。現在、同社は工場の拡張と近代化に40億コルナ以上を追加投資し、工場の新製品であるハイブリッド技術を搭載したトヨタ ヤリスの生産を2021年に開始する。

TMMCZの青木 是篤社長は、「今日、私たちのコリン工場は完全にトヨタモーターヨーロッパグループの一部になりつつあります。このグループは現在、8つの工場、研究開発センター、またロジスティクスセンターでヨーロッパ大陸を代表するまでに致しました。当社の車に対する需要の高まりと新モデルの生産準備により、2021年2月末までに3シフト生産が導入される予定です」と述べた。

260億コルナと評価されたコリン市における同事業は、当時のチェコ共和国で最大の投資であった。 CzechInvestは、投資決定初期から建設、そしてアフターケアにわたり、現在もトヨタ自動車のチェコ共和国におけるビジネス参入を支援し続けている。代理店には工場近辺に適した場所を提案し、初期投資における投資優遇措置を支援。トヨタ自動車はまた、チェコ共和国での新しいハイブリッドトヨタモデルの生産開始における追加投資についてCzechInvestと緊密に協力を行っている。特に外国人労働者を雇用し、コリン工場の環境への影響を軽減する方法を模索し、投資家向けのAfterCare servicesの分野で政府として全面てきに継続的な協力を行っている。現在、チェコ共和国で最大の輸出国の1つであるTMMZでは3,500人以上が雇用されている。

詳細については、TMMCZ websiteをご覧ください。