チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

ニュース

Amazon、プラハへの返品センター新設を発表

Amazonで購入した製品の返品センターをプラハに設立する意向を発表。新規雇用2000人を含む、約3000人の雇用を計画。

15.12.2015

Amazonは、2016年第四半期に向けたプラハへの返品センター設立の意向を表明しました。これは、欧州における需要の急騰を受け、Dobrovízからプラハへ収益センターを移すことを計画したもので、新しい返品センターでは約3000人の雇用を予定。従業員のうち1100人はDobrovízの既存センターから移動、操業開始後3年以内に2000人を新たに雇用する見込みです。最近開設した配送センターについてはDobrovisに残し、欧州の顧客がAmazonのウェブ上で購入した製品の返品先のみを当センターに設置する計画です。

「チェコで新たに2000人の雇用を創出できることを大変嬉しく思う。今回の新規採用では、競争力のある賃金と手厚い福利厚生を提供する予定だ。チェコでの事業を拡大し、返品センターをHorní Počerniceへ移管する計画を発表できたのも、チェコ政府及び地方自治体によるサポートによるところが大きい。本格的に地元のコミュニティで活動できることに大変感謝している」と、欧州Amazon副社長のRoy Perticucci氏は述べています。

チェコ政府もAmazonの投資を支援。産業貿易省大臣のJan Mládek(ヤン・ムラーデク)氏は「過去数年において、Amazonは信頼できるパートナーとして活動してきた。今回、更なる協力関係を築けたことを大変嬉しく思う。同時に、Amazonがスピード感と柔軟性を持って、新設される返品センターの操業開始に取り組んでいることも評価に値する。クリスマス商戦による返品対応に向けて、来年末までには数百人の雇用が生み出される予定だ。チェコ政府としては、2016年に失業率を減らすことが目下の優先事項となっている」と述べています。