チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

ニュース

投資優遇措置法の改正:現在の新型コロナウイルス感染拡大に対応

今回の投資優遇措置法の改正は、現在の新型コロナウイルス感染拡大に対応し、投資家へ有益な内容となっています。

投資優遇措置法の改正:現在の新型コロナウイルス感染拡大に対応 出所: Adobe Stock

投資優遇措置法の最新の改正は、2020年11月に、チェコ議会、上院、大統領によってわずか14日間という記録的な速さで承認されました。この改正により、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた投資優遇措置受領対象となる投資家は、一般条件の下履行期間の延長申請が可能となりました。

投資優遇措置の一般条件を満たす必要のある期間は、投資優遇措置付与の決定から3年です。通常、申請者が利用規約を満たさない場合には、投資優遇措置の受取り資格は失効となります。「2020年5月と6月に投資優遇措置の受領者を対象に実施されたアンケート結果によると、新型コロナウイルス感染拡大の影響で全投資家の60%近くが、投資優遇措置を受領するための条件を3年間で満たすことが出来ない事が判明しました。」と、チェコ共和国ビジネス投資開発庁(以下チェコインベストと記載)の投資部門長のBarbora Račan Ježková氏は述べています。

また、チェコインベスト長官Patrik Reichl氏は、「調査結果をチェコ共和国産業貿易省に報告し、受領の条件を満たす期間の延長とその他オプションについて協議しました。新しいオプションは、投資家にとって非常に有益であり、この変更により現在の投資プロジェクトが問題なく計画通りに実施され、無事受領していただけることを信じています。」と述べました。

投資優遇措置の改正により、3年間の条件消化期間を最大で追加2年延長することが可能となりました。まだ3年の期間の間に条件を満たせていない受領対象の投資家は、延長の申請が可能です。投資優遇措置の受領者は、条件満了の30日前(つまり、投資優遇措置付与の決定から3年の間)までに延長の申請をする必要があります。ただし、申請内容には、条件を満たす為に更なる追加期間が必要な旨を詳しく記載し、新型コロナウイルス感染拡大による影響の詳細を立証する必要があります。
投資優遇措置受領期間延長へのご質問、また詳細情報に関しては、チェコインベストの投資部門pobidky@czechinvest.orgへご連絡ください。