チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

ニュース

チェコ企業が東京開催のナノテクノロジー見本市へ出展

東京で開催されたnano tech 2018へは45,000人以上が来場

チェコ企業が東京開催のナノテクノロジー見本市へ出展

2018年2月14日~16日、東京にて世界最大のナノテクノロジー見本市「nano tech 2018」が開催されました。当見本市へはチェコの企業及び研究所を含む600社以上が出展し、最新技術動向を発表。業界関連者45,000人が来場しました。

チェコ共和国のパビリオンとしての出展は、これが7回目。チェコインベスト主催及び駐日チェコ共和国大使館協賛の下、Olomouc Regional Centre of Advanced Technologies and Materials, Central European Institute of Technology in Brnoといった研究所に加え、Nafigate, Elmarco, SVCS, Vytek(Crytur, Estcom, VFの日本代理店)といった企業が来日しました。尚、Průša Researchはパビリオン外に独自出展しました。

当ナノテクノロジー見本市は、世界で最も重要な技術フォーラムの一つとして知られています。チェコ企業は、ナノテクノロジー分野における競合の動向調査、ビジネスパートナーの発掘、技術提携可能性の模索、投資家の発掘といった分野で、毎年この見本市を活用しています。

見本市に関する詳細はこちらをご覧ください。