チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

ニュース

グローバル合弁・買収(M&A)総額 前年より減少

チェコインベストは2019年第4四半期のM&Aレポートを発表

07.02.2020
グローバル合弁・買収(M&A)総額 前年より減少 出所: Adobe Stock

M&Aレポート最新号では、2019年第4四半期の合弁・買収市場の動向を発表しています。レポートの完全版は下記よりダウンロード可能です。

2019年のグローバルM&A(合弁・買収)取引総額は、前年の3.96兆USDから3.9兆USDへと減少。グローバル全体の取引数が減少となりましたが、100憶USDを超える大型案件により総額の減少は目立ちませんでした。2019年のグローバル買収総額は1.2兆USDで前年から25%減少し2013年以来の最低値を記録。この減少傾向は、主に当局による規制厳格化と世界の地政学的状況の悪化によるものとみられます。グローバルM&A取引総額は、世界最大のM&A市場である米国の約50%(1.8兆USD)、次いで欧州とアジアが約7400憶USDの取引となりました。

チェコでは、景気減速が将来の売り条件に影響を及ぼすとの懸念から、企業売却への関心が高まっています。チェコのM&A市場は、不動産業界で97件の取引と最高数を記録し、次いでサービス業界68件、また小売・エンターテイメント業界41件となりました。チェコ市場の興味深い取引としては、Moneta Money Bankによる建設会社買収と住宅ローン銀行Wüstenrotの買収案件が挙げられます。現在チェコの二大旅行代理店、Exim ToursとCK Fisherの合弁が準備段階にあり、またPetr Kellner PPFファイナンシャルグループは、チェコのテレビ会社TV Navaを買収しました。

合弁・買収の詳細情報は添付レポートに記載されています。

当M&Aレポートには、2018年8月から開始したチェコリンクの“資本参加プロジェクト”のニュースも含まれています。同プロジェクトは、投資に関心を持つ国内外の合弁・買収のサポート、また合弁企業における協業サポートも行っています。チェコリンクプロジェクトに登録されている企業(匿名)の概要も提供可能です。

M&Aレポートは四半期ごとに電子版で発行されます。次号は2020年第2四半期に発表予定です。レポートの直接受取りをご希望の方はczechlink@czechinvest.orgまで英語にてご連絡ください。