チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

ニュース

チェコの製造工場の操業停止及び外国人従業員の制限について

政府は現在の困難な状況に対応するべく、外国人従業員への雇用主変更の迅速な手続きに対する新しい規制を発表。

チェコの製造工場の操業停止及び外国人従業員の制限について 出所: Shutterstock

新型コロナウィルス感染拡大に対する一定の対策措置実施により、チェコの製造工場における操業停止または制限が決定しました。これに関連し、就労許可に基づきチェコの雇用主に従事する外国人従業員解雇と雇用目的のシェンゲンビザのキャンセルが発生しています。解雇された従業員は収入・住居を失い、また国境を超えるヒトの移動が制限されている為母国へもどることが困難な状況となり、雇用主の脆弱さが顕著となっています。

政府はこの問題に新しい規制措置で対応を図り、2020年3月20日から、新しい雇用主が危機対策の実施を導入している場合において就労カードとブルーカード保持者の雇用主変更の迅速な手続きを可能にしています。従業員は、新しい仕事の登録日に変更通知の提出のみが必要となります。また通知には、新しい雇用主からの医療や防護器具の製造等の危機対策実施を証明する宣言書の添付が必要です。政府は、緊急事態宣言期間において就労カード発行後から最初の6か月間内における雇用主変更の禁止を解除しました。就労カード保持者は、法的条件に従い雇用主変更の通知をチェコ内務省へ提出する義務があります。外国人向けの詳細についてはwww.mvcr.czでご覧いただけます。