チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

ニュース

最新情報:COVID-19感染拡大に伴う、ビザ・生活面における予防策について

チェコ滞在の外国人にとっての緊急事態とは?

最新情報:COVID-19感染拡大に伴う、ビザ・生活面における予防策について 出所: Shutterstock

COVID-19を発症する新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐべく、チェコ政府はヒトの移動、外国人のチェコ入国、居留、またビジネス活動に対する制限措置を発表。状況は常時劇的に変化しており、当庁では政府の対応策を随時更新していきます。
COVID-19感染拡大に伴う、外国人のチェコへの旅行、滞在、またビジネス活動への制限措置関する情報は、チェコ内務省チェコ外務省のWebサイトでご覧いただけます。
チェコ政府による外国人に対する制限とは?

  • 非常事態宣言時にチェコ国内に法的に滞在を許可された外国人は、滞在条件に関係なく宣言期間中チェコに留まることが可能です。
  • 非常事態宣言以前に発行された就労許可及び雇用目的の短期シェンゲンビザの有効期間は、雇用主と労働許可及びビザを保持する外国人の間における雇用契約の延長の場合に限り、期間満了日から更に60日間延長することが可能です。
チェコの難民・移民政策局は、月曜から金曜まで9:00~12:00に営業時間を短縮し、遅延不可の案件及び事前予約案件といった最も緊急の場合のみ対応しています。非常事態宣言解除から通常業務再開までは、住居登録と生体認証は遅延が見込まれます。チェコ内務省は現在対面を要する活動以外はデータボックスを介して対応するよう推奨しており、通常業務は緊急事態宣言解除後から可能です。施設運営に関する情報は内務省のウェブサイトでご覧いただけます。
 
居留許可を保持する外国人に対する現在の制限とは?
  • 長期ビザと居住許可を含む全ての手続きが一時的に停止しています。短期シェンゲンビザの申請も一時的に停止しています。
  • 政府のビザプログラムは一時的に停止されています。既に予約されている日程は全てキャンセルされました。雇用カード、ブルーカード、ICTカード、長期ビザの申請受付に関しては、在外チェコ大使館・領事館にて再開次第随時新しい予約日の割り当てを実行します。

本記事は3月19日(木)に更新
 

最新情報:COVID-19感染拡大に伴う、ビザ・生活面における予防策について attachment