チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

ニュース

産業貿易省は、コロナウイルスの蔓延と闘う革新的な企業を支援しています

企業は2020年5月15日までプロジェクト提案を提出できます

産業貿易省は、コロナウイルスの蔓延と闘う革新的な企業を支援しています 出所: Shutterstock

産業貿易省は、コロナウイルスと戦うために革新を実践に取り入れている企業を支援しています。同省は、サブプログラム3 – Innovations in Practiceの中で、Country for the Futureプログラムの2番目の公開入札を発表しました。 

昨年政府により承認されたこのプログラムは、中小企業におけるデジタル化と自動化の分野における現在の傾向に重点を置いた革新の導入に当初から重点を置いてきました。 「現在、中小規模の企業が最も脆弱です。しかし、それらの多くは、私たちの社会全体が危機の影響に対処するのに役立つ、または将来的に同様の脅威を従業員の健康のために制限するビジネスプロセスの導入を支援するのに役立つ有用なソリューションを提供できますそして、企業の経営のために」とデジタル化とイノベーションの副大臣であるペトル・オウコは言います。「したがって、私たちはすべての経済セクターの企業の革新的なプロジェクトにオープンである、特に焦点を当てた入札を準備しました。最長3年間のプロジェクトに対する援助の描画。申請書提出後すぐにプロジェクトの作業を開始することが可能です。入札結果は遅くとも今年の8月31日までに発表される予定です。」 

たとえば、新しいまたは大幅に改善された製造プロセスまたはサービスの提供をもたらす医療技術およびアプリケーションの分野でのプロジェクトは、入札内でサポートできます。さらに、感染症の拡大のリスクを低減する革新的な運用プロセスまたは物流プロセスの導入に焦点を当てたすべてのビジネス部門のプロジェクトもサポートを受けることができます。これは特に、デジタル化と自動化の度合いを高め、組織が同様の異常な状況に柔軟に対応して適応する能力を高めるプロジェクトを指します。 「プロジェクトアプリケーションの準備にかかる費用を含め、より幅広い費用項目を適用することが可能になり、受信者自身のリソースからの費用の協調融資のレートを低くすることができます。 de minimisサポートを最大限に活用することで、援助額はプロジェクトの適格コストの75%にまで達する可能性があります」とデジタル化およびイノベーション担当副大臣のPetrOčkoは述べています。 

詳細については、産業貿易省の添付のプレスリリースをご覧ください。