チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

ニュース

プレスリリース

CoVpointとチェコを繋げる

チェコ共和国ビジネス投資開発庁(チェコインベスト)とチェコ産業貿易省の情報システムは、新型コロナウイルス爆発的感染拡大に伴い、1,400以上もの製品の支援を行っています。

CoVpointとチェコを繋げる 出所: チェコインベスト
  • 新型コロナウイルスの爆発的感染拡大に対応するべく、需要と供給を結びつけるアプリケーションが開始、既に3月末からwww.covpoint.orgで利用が可能です。
  • 現在開発中の情報システムには、政府、地方自治体、学術機関、民間団体、非営利組織、コミュニティ等が関わっています。
  • チェコ共和国ビジネス投資開発庁(チェコインベスト)と産業貿易省の管理下にあるCoVpointのおかげで、1,400を超える製品を含み、60社を繋げ、12もの技術移転が行われており、90以上のプロジェクトを一つの場所に集結することに成功しました。

「緊急事態時の対策として、健康保護を重要視したコミュニケーションの短縮化を実現しました。短縮化を実現するために、コミュニケーションツールを個人間における需要と供給が頻繁に行われる場であるインターネット、オンラインへ移行。当国の担当者が専門部署を設立し、導入に試みました。当政府はチェコのネットワークプラットフォームを設立。その一部はCoVpointB2G及びB2Bポータルで、現在1,400を超える製品が含まれています。」と、副首相兼産業貿易大臣のKarel Havlicek氏は述べました。

また産業貿易副大臣のSilvana Jirotková氏によると、「チェコネットワークとCoVpointはチェコインべストと産業貿易省により管理されています。両プラットフォームとも短時間で設立し、サービスを開始しています。また、新型コロナウイルスの対応としてシステムのデジタル化のみが急速に導入されたわけではありません。もちろん、速さだけでなく、一般市民に高い質と具体的な結果をもたらすことも不可欠です。」とのことです。

CoVpointは、産業貿易省により構成され、保健省、内務省、また内閣府協力の下、チェコインべストが運営を行っています。またチェコ産業連盟も商工会と協力し、CoVpointに協力をしています。

「特にCoVpointのおかげで、マスクと消毒液を必要とする医療施設、また製造企業とを直接繋げることが可能となり、介護施設用の手袋や子供用綿手袋も無事提供されています。技術移転分野では、現在12のプロジェクトが進行中です。例えば、チェコ工科大学のマスク、Linetの肺スキャナー、保護フィルター製造ラインの自動化に特化したSigmaとAcam Solutionの共同開発などが含まれます。」と、チェコインベスト長官Patri Reichl氏は述べています。

CoVpoint情報システムでは、現在2シフトで作業する80人のスタッフを配置しており、データの信頼性を検証し、そのデータをシステムへ入力し需要と供給をリンクさせています。産業貿易省の危機対策担当のRobin Čumpelík氏によると、「中央危機対策本部のスタッフが使用するCoVpointへの関心が高まってきているため、可能な限り最善の方法で管理を可能にするよう努めています。」また続けて、「経済大学の国際関係学部に所属する学生が今週から新たに参加する予定でいます。というのも、最近CoVpointのB2Bマーケット場として検索とフィルターもできるhttps://covpoint.org/trzisteをオープンしたばかりであり、すでに導入されているプロジェクトの概要も準備中です。」と述べました。チェコネットワークプラットフォームはチェコインべストと産業貿易省の協力の下必要とされる新型コロナウイルスに関連するプロジェクトの情報取得のための道しるべとして機能し、同時に拡張を続けています。

CovPointシステムへの参加はこちらへ:covpoint@mpo.cz.