チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

ニュース

チェコインベスト臨時長官にパトリック・ライッヘル氏が就任

当庁南部モラビア地方支所、所長を歴任

01.07.2019
チェコインベスト臨時長官にパトリック・ライッヘル氏が就任 出所: チェコインベスト

チェコ共和国ビジネス・投資開発庁(チェコインベスト)の臨時長官としてパトリック・ライッヘル氏が任命されました。ライッヘル氏は5年前からブルノ地方支所の所長を務め、今年勤続14年目を迎えます。前長官シルヴァナ・イロトコヴァー氏 は、チェコ産業貿易省副大臣を専任。

「前任者から引き継いだチェコインベスト新戦略の遂行、及びチェコのイノベーション戦略2019年~2030年の導入を自分の課題として受け止めております。また、チェコ貿易庁(チェコトレード)との合併を実現すべく尽力してまいります。」とパトリック・ライッヘル氏は述べました。

ライッヘル氏は、チェコインベストにおける長年の経験及びその環境と歴史を熟知していることの他、新たな戦略の創案への貢献も評価され、今回臨時長官の任命が決定しました。チェコ産業貿易省は、今秋の公募によりチェコインベスト・チェコトレード合併後の組織の新長官を一名選定する予定です。従って、ライッヘル氏の任期は2019年内までと予想されています。

パトリック・ライッヘル氏
プラハ経済大学、ブルノインターナショナル・ビジネス学校を卒業。2005年入庁以来チェコインベストで活躍。南部モラビア地方支所所長を務めた後、2010年~2012年に地域部部長としてビジネス環境開発担当副長官を歴任。2014年には南部モラビア地方支所所長に再任される。
既婚、子息3人。趣味は園芸、畑仕事。