チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

ニュース

チェコ政府、ウクライナ人被雇用者割当人数を増加

2019年11月より従来の2倍の年間4万人に増加

30.07.2019
チェコ政府、ウクライナ人被雇用者割当人数を増加 出所: Shutterstock

2019年6月チェコ政府の閣議決定により、チェコ企業による就労カード保持者のクライナ人労働者の受け入れが、従来の2倍数可能となります。有資格ウクライナ人被雇用者(いわゆる「ウクライナ制度」)における年間申請者数は、2019年11月以降19,600人から40,000人に引き上げられます。

この改定に伴い、現在施行されている高資格を保持した被雇用者を対象とする経済移民プロジェクトに代わり、新たな移民プログラムも計画されており、2019年8月末にも閣議決定が行われます。将来的には、ウクライナ、セルビア、モンゴル、フィリピンからの労働者以外に、新たにベラルーシ、モンテネグロ、モルダビア、カザフスタン、インドといった国からの労働者も受け入れる計画です。