チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

会社設立

会社設立

会社設立

外国法人はチェコ企業と同等な条件および範囲内において、不動産の取得を含む商取引を行う権利があります。

単独もしくは共同で会社を設立、または既存のチェコ企業への参入も可能です。外国企業がチェコ国内で事業を行うには、チェコに支店を登録するかチェコ法人を設立しなければなりません。法的に認められた企業形態は4種類あり、最も一般的なものは有限会社 (s.r.o.) と株式会社 (a.s.) です。また、法人の名称は独自である必要があります。詳細については、下記参考資料の「会社設立手続き」をご参照ください。

外国企業にとって、ビザの取得も大きな関心の一つでしょう。外国人がチェコへ入国及び長期滞在する際の条件は、No. 326/1999改正法「Residence of Foreign Citizens in the Czech Republic」に規定されています。EU加盟国およびEU圏外国の外国人に適用される、短期ビザ、長期ビザ、労働許可については、こちらをご覧ください。

チェコへの投資決定後は、会社設立を含め様々な手続きが必要となります。チェコインベストでご提供できない専門分野の情報に関しては、Association for Foreign Investment (AFI) でのコンサルテーションがお勧めです。AFI加盟企業は、投資環境、法律、不動産、環境、会計、経理、監査、税務、人材、雇用に関する幅広い知識を有しており、企業ごとのニーズに合わせた専門的サービスを提供しています。

その他、チェコでのビジネスに役立つ団体・機関については、下記参考資料の「主要関係機関の連絡先」をご覧ください。