チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

ニュース

『チェコ共和国 投資セミナー』 大阪 (11/10) と東京 (11/12) にて開催

投資環境・業界動向・会計税務・投資優遇措置の改正・現地調達・M&Aに関する最新情報提供、中東欧進出に向けた実践的アドバイス

09.10.2014

チェコ共和国はヨーロッパの中心に位置し、主要マーケットへのアクセスの良さ、優れた技術者と廉価で付加価値の高い労働力等、ビジネスに最適な環境を誇っています。自然災害のリスクが低いばかりか、自国通貨と強固な金融システムの存在により、ユーロ圏の財政的混乱からも大きな影響を受けることはありません。現在、既に228社の日系企業がチェコ共和国に拠点を有し、うち96社が製造/R&D拠点を新設・拡張していることからも分かるように、欧州における魅力的な投資先として外国投資家から熱い注目を浴びています。

昨年は東京のみで開催された 「チェコ共和国投資セミナー」 ですが、今年はチェコ産業貿易省大臣の来日に合わせ、東京・大阪の2拠点で開催することとなりました。大阪では大阪商工会議所にて11月10日(月)、東京では駐日欧州連合代表部(広尾)にて11月12日(水)に、いずれも13:00-17:00の時間帯で開催されます。

セミナーの前半では、中東欧における投資機会を模索している投資家の方々を対象に、チェコの投資環境・投資家誘致のための政府施策・投資優遇措置の改正・会計税務上の留意点・現地調達・M&Aといったトピックに焦点を当て、最新情報をご紹介。後半はパネルディスカッションという形で4人のスピーカーをお招きし、チェコでの実体験を語っていただきます。チェコに投資を決めた理由は?チェコと日本にはどんな文化的違いがあるのか?投資のメリットやリスクとは?期待と現実には違いはあったのか?潜在投資家へのアドバイスとは?…等々、様々な議題を巡り経験に基づいた率直な議論を展開します。参加費は無料ですので、是非奮ってご参加ください。

パネルディスカッション 講演者 (大阪)

  • ダイキン ヨーロッパ エヌヴイ 取締役副社長 森田重樹氏
  • 豊田合成株式会社 執行役員 (豊田合成チェコ有限会社 前社長) 安田洋氏
  • チェコ共和国産業貿易省大臣ヤン・ムラーデク 氏 (*予定)
  • CMS国際法律事務所 パートナー弁護士 川井拓良氏

パネルディスカッション 講演者 (東京)

  • Toray Textiles Central Europe, s.r.o. 社長 菅谷昇三氏
  • 高周波熱錬株式会社 代表取締役社長 溝口茂氏
  • チェコ共和国駐日特命全権大使 トマーシュ・ドゥプ氏 (*予定)
  • CMS国際法律事務所 パートナー弁護士 川井拓良氏

※プログラムの詳細ならびに参加申込書は、ページ下のリンクよりダウンロードいただけます。

※定員になり次第締め切らせていただきますので、予めご了承ください。


お問い合わせ・お申し込み先:

チェコインベスト東京事務所 ノヴァーコヴァー・エリシカ、山下紗綾佳

〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15F

TEL: 03-5456-5282 / Email: tokyo@czechinvest.org