チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

ハイテク機械工学

ハイテク機械工学

産業概要

1,100社にも及ぶ製造拠点を有すチェコのハイテク機械工学産業は、日用品からタービン・輸送機械・エアコンシステム・農業用機械・食品加工機械・建設機械・工作機械といったあらゆる装置や機器に至るまで、様々な製造技術を提供しています。現在では、Škoda Holding, Vítkovice Holding, Bonatrans Group, ČKD Blansko Holding, TOS Varnsdorf, Tajmac-ZPS, Třinecké železárny–Moravia Steel, První brněnská strojírna, Wikovといったリーディングカンパニーがチェコで操業を行っています。

得意分野

  • 電力工学
  • 輸送工学
  • 工作機械
  • 冶金学
  • 金属工事・部品

投資のメリット

  • 中央ヨーロッパにおける戦略的立地、5億人のEU市場へアクセス可能な輸送インフラ
  • 300年に渡るエンジニアリング教育基盤と、非常に優れた技術的ノウハウ
  • 教養の高い熟練技術者、技術的教養を受けた大学生の雇用可能性(毎年5,000人以上が卒業)
  • 機械工学系企業の集積度と、ビジネスパートナー・サプライヤー発掘の容易さ
  • チェコ政府の「投資優遇措置制度」による積極的な財政支援
  • 高度に発達した輸送インフラ
  • 中東欧地域における最も発達した通信インフラ
  • 材料研究と精密機械工学を支えるソフトウェア基盤
  • チェコインベストによる全面的支援

労働コスト

製造業における時間当たり労働コスト(2011年 / USD)

チェコ共和国 13.13
英国 30.77
米国 35.53
日本 35.71
フランス 42.12
オーストリア 43.16
ドイツ 47.38
ノルウェー 64.15

Source: Bureau of Labour Statistics USA, 2013

 

お問い合わせ

ハイテク機械工学産業に関する詳細情報をご希望の方は、tokyo@czechinvest.orgまでお問い合わせください。