チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

航空宇宙

航空宇宙

産業概要

チェコには長い航空産業の歴史があり、特に「優れた品質・信頼性・イノベーション」といった点において非常に存在感のある国として認識されています。部品製造から航空機組立や最新の研究開発プログラムに至るまで、チェコの航空宇宙産業は歴史的に素晴らしい発展を遂げてきました。今日、航空宇宙産業に関わるチェコの企業や研究機関は、世界屈指のリーディングカンパニーとのビジネスや、国際協力プログラム・研究プロジェクト等に大きく関わっています。

供給実績

  • 32,000機の航空機と37,000台のエンジン
  • 11,000機の油圧・燃料供給装置が搭載された航空機
  • 充実したサプライヤーベース
  • グローバル市場のリーディングカンパニーによる航空機構造プログラム
  • 世界レベルの航空宇宙R&Dセンター
  • 非常によく整備された教育プログラム
  • 優れた空港インフラと保守・修理・点検設備

チェコの宇宙業界

チェコは歴史的に「宇宙業界」との強い関わりがあります。2008年に欧州宇宙機関 (European Space Agency – ESA) に加盟して以来、社会的利益最大化に向けた取り組みが活発に行われてきました。特に、全地球測位システム「ガリレオ」や航空管制用衛星「EGNOS」のマーケティング・セキュリティ・開発を担う、欧州全地球航法衛星システム監督庁 (European Global Navigation Satellite systems Agency – GSA) が一時的にブリュッセルへ本部を移転したことは、チェコにとって非常に大きな意味を持つものでした。この移転によりチェコ企業に大きなビジネス機会がもたらされ、更なる躍進のために研究や技術的革新が助長されることは間違いないでしょう。

私たちはチェコに対して非常にポジティブな印象を持っている。投資先に二度もチェコを選ぶという最善の選択をしたことで、比類のない才能を持った教養のある従業員、会社の操業や成長を阻害することのないビジネス環境、欧州のどこへでもアクセス可能な最高の立地を手に入れることができた。もちろんより低い労働コストを実現できる国はあるが、高い技術力が求められる私たちの航空宇宙ビジネスには、優れた生産性や革新的な技術といった条件の方が遥かに重要である。チェコを投資先に選んだことは、非常に賢い選択だったと実感している。

Christian R. Nielsen - CEO and Owner, Aveo Engineering Group

お問い合わせ

航空宇宙産業に関する詳細情報をご希望の方は、tokyo@czechinvest.orgまでお問い合わせください。