チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

ビザ申請に関する支援

ビザ申請に関する支援

チェコインベストのアフターケア部門では、投資家のビザ申請の支援を行っています。チェコにおけるビザ申請に関してご質問等お気軽にご相談ください。ビザ申請の過程において投資家の皆様の具体的なご要望も承っています。

 アフターケア部門のビザ申請に関する支援:

  • チェコ共和国のビザ申請に関する一般的な相談、情報提供、およびビザに関する問題を扱う管轄機関との連絡
  • ビザ申請の過程で必要となる国家機関との連絡
  • ビザ申請プログラムの相談と管理
  • 重要管理職および企業の法的代理者の長期滞在の解決―後援や紹介状、必要とされる推薦状の準備
  • 企業の法的代理者とその家族の優先的な期日の手配
  • チェコ共和国到着後の外国人登録手続きの保証

注: チェコインベストでは、全ての企業の全従業員のビザ申請に関する支援をすることはできません。投資家向けの特別サービスは一部の例外(法的代理者や重要管理職)の方のみを対象としています。

チェコ共和国における外国人滞在許可に関して、後に定められた変更も含め法律番号326/1999Sb.「チェコ共和国における外国人滞在許可について」(以下、外国人法)に記述されています。修正条項も含めた最新の外国人法に関しては内務省のホームページをご覧ください。

チェコ共和国内の外国人滞在に関する法律は、ヨーロッパ連合(EU)および欧州共同体(ES)の規定に従います。ビザに関する法律は、欧州議会および理事会(ES)の法令番号810/2009「共同体のビザ発行に関する法令(ビザ法令)」、また国境を越えるビザを必要とするEU圏外の国、およびビザ申請の義務のないEU圏外の国を定めた、欧州理事会(ES)の法令番号539/2001(後の改定を含む)に準じています。

2007年12月21日、チェコ共和国はシェンゲン協定に加盟し、同日からシェンゲン領域となりました。より詳しい情報は内務省www.mvcr.czや外務省www.mzv.czのホームページでご覧いただけます。

チェコ共和国の経済発展に貢献するためのチェコ政府承認プログラム
2019年8月26日、チェコ政府はチェコ共和国の経済発展に貢献し得るプログラムへの支援(以下、政府プログラム)および、事業目的である長期滞在ビザと労働者カードの発行数の上限を定めた法令を承認しました。政府プログラムは、これまでの経済移民プロジェクト(ウクライナとその他の国のための制度、ウクライナ・インド・プロジェクト、ウェルカムパッケージプロジェクト、そしてファストトラックプロジェクト)に代わり、2019年9月1日から有効となりました。

専門職労働者プログラム ウクライナ、セルビア、モンテネグロ、モンゴル、フィリピン、インド、モルドバ、カザフスタン、および白ロシアからの労働者のためのCZ-ISCO(チェコ職業分類制度)4-8は「ウクライナとその他の国のための制度」に代わり有効となりました。
申請受付Eメールアドレス: programkvalifikovany@czechinvest.org

高度専門職プログラム CZ-ISCO1-3は「ウクライナ・インド・プロジェクト」に代わり、EU圏外の広範囲に渡る国からの労働者による参加が可能となりました。

重要専門職および研究職プロジェクト 企業の法的代理者、管理職、チェコ国内外の投資家や研究機関、テクノロジー企業やスタートアップ企業にとって重要な技術専門職に従事する労働者のためのCZ-ISCO1-3は、「ウェウカムパッケージプロジェクト」と「ファストトラックプロジェクト」をさらに進展させたプロジェクトです。

申請受付Eメールアドレス: programklicovy@czechinvest.org

ビザ申請に関する連絡先:チェコインベスト アフターケア部門afc-visa@czechinvest.org