チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

労働コスト

労働コスト

労働コスト

投資家にとってのチェコ最大の魅力は、西欧諸国と比べて低いコストで技術力の高い労働者を確保できることにあります。例えば、ドイツの人件費はチェコの約4倍となっています。

チェコの魅力は他にも、密接に張り巡らされた質の高いインフラ、欧州の中心という好立地、西欧への文化的類似点等が挙げられます。アジア諸国と比較すると必ずしも労働コストが低いとは言えないものの、これら利点は投資家へあらゆるマイナス面を凌ぐ程の利益をもたらしていると言えるでしょう。

2017年前期の平均月額賃金は、28,623 CZK(約143,000円)にまで上昇。年上昇率は、5.3%に達しました。過去5年のうちに3%~5%上昇した平均年収は、今後同様なレベルで推移すると予想されています。

チェコの労務費は、地域によって異なります。最も低いのはカルロヴィ・ヴァリ地域、ウースティ地域、モラヴィア・シレジア地域。最も高いのはプラハで、全国平均の15%~20%増となっています。
 

平均時間給(2016年/EUR)

出所: Eurostat, 2017
 

平均月額賃金(2017年前期/EUR)

平均為替レート: 1 EUR = 26.075 CZK, 1 USD = 21.871 CZK, 1 CZK = 5.06 JPY(2017年9月平均)
出所: Czech Statistical Office, 2017

平均月額賃金(分野・職位別/2016年/EUR)

職位/地域 プラハ ピルゼン フラデツ・クラーロヴェー ブルノ オストラバ
法律家 6,900 3,840 2,680 4,600 3,070
Javaプログラマー 3,840 2,100 2,300 3,070 2,680
営業部長 2,880 2,680 2,300 2,680 2,100
工事監督 2,300 1,920 2,100 3,840 1,920
機械工 1,530 1,040 960 1,150 1,110
電気工 1,340 1,150 1,150 1,230 960
出所: 総労務費 = 賃金 + 雇用主負担分の社会保険料及び健康保険料(賃金の34%)
平均為替レート: 1 EUR = 26.075 CZK, 1 USD = 21.871 CZK, 1 CZK = 5.06 JPY(2017年9月平均)
出所: Ministry of Labour and Social Affairs, 2017