チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

ニュース

ロバート・ボッシュとドイツテレコムが 「Investor of the Year 2016 最優秀賞」 を受賞

チェコインベストが昨年における重要な投資案件を表彰

ロバート・ボッシュとドイツテレコムが 「Investor of the Year 2016 最優秀賞」 を受賞

•   2017年6月15日(木)、「Investor of the Year 2016 最優秀賞」 及び 「Business Property of the Year 2016 最優秀賞」 の表彰式がジョフィーン会館で開催された。

•   チェコの投資環境向上に貢献した9つの企業及び機関、また2人の人物が表彰を受けた。

•   Investor of the Year 2016 最優秀賞: ロバート・ボッシュ、ドイツテレコムサービス・ヨーロッパ・チェコ

•   Business Property of the Year 2016 最優秀賞: モスト市の戦略的工業団地 Joseph 、ブルノ市のシュピルベルク・オフィス・センター

本日、プラハのジョフィーン会館で、チェコインベストによる2016年の重要な投資案件に対する表彰式が行われました。 「製造及び技術センター」 部門においてロバート・ボッシュが、「IT及びシェアードサービス」 部門においては、ドイツテレコムサービス・ヨーロッパ・チェコが、「Investor of the Year 2016 最優秀賞」 を獲得。一方、モスト市の戦略的工業団地 Joseph 及びブルノ市の シュピルベルク・オフィス・センターが 「Business Property of the Year 2016 最優秀賞」 を受賞しました。このコンテストの主催者である外国投資協会(AFI)からは、「投資環境への長年の貢献」 及び 「投資分野における重要な活動」 といった二つの表彰と、特別賞が授与されました。

ロバート・ボッシュの試験研究所及び生産工場では、チェスケー・ブジェヨヴィツェへ22億コルナの拡張投資が予定されており、これにより625人の新規雇用がもたらされる見込みです。この投資案件は 「製造及び技術センター」部門において Investor of the Year 2016 最優秀賞」 を受賞しました。一方、ドイツテレコムサービス・ヨーロッパ・チェコはブルノ市の新たなシェアードサービスセンターへ5億コルナの投資を計画。同社はこの投資により、 「IT及びシェアードサービス」部門の  Investor of the Year 2016 最優秀賞」  を受賞しました。このセンターでは、3年以内に565人の新規雇用が創出される見込みです。それぞれの部門における二等賞と三等賞には 「ヤンフェン・チェキア・オートモーティブ・インテリア・システム」、「GEアビエーションチェコ」、「ConnectEU2Create CZ」 及び OKIN BPS が選ばれました。

「生産活動のみならず研究開発活動への投資が増えていることは、チェコにおける高付加価値投資の可能性を示している。チェコ経済の競争力向上には、今まで以上にこういった付加価値投資を誘致しなければならない。この新しい動向を反映した投資優遇措置の改正案を、近い将来に政府に提出する予定だ。」と、イジー・ハヴリーチェク産業貿易大臣が述べています。

「工業団地」 部門の 「Business Property of the Year 2016 最優秀賞」 は、モスト市の戦略的工業団地 Joseph が獲得。良好な土地整備及び4社の新規投資家獲得といった実績が評価されました。一方、「技術センター及びサービス用不動産」 部門の 「Business Property of the Year 2016 最優秀賞」 は、ブルノ市のシュピルベルク・オフィス・センターが受賞しました。

「以前に比べ投資手続きが加速化した一方、投資家はより大きなリスクに直面するようになった。投資先国を選定する過程において、整備された工業用地と不動産の選択が鍵となっているのは間違いない。チェコインベストとしても、魅力的な選択肢を提供できるように努力している」 と、チェコインベストのカレル・クチェラ長官は述べています。

外国投資協会(AFI)による Significant Achievement in the Field of Investments は、昨年の新しい開発設計センター立ち上げにより約1万人の従業員を保有するシーメンス社が受賞しました。他にもAFIは、投資分野において長年に亘り日本とチェコの重要な架け橋となっている、在チェコ日本商工会事務局長 兼 チェコインベスト長官アドバイザーの中越誠治氏に、Long-Term Benefit to the Investment Environment of the Czech Republic を授与。また、チェコインベスト及びAFIにて設立当時より活躍し、現在はチェコ内閣府で働いているオタカル・ドビアーシュ氏に、特別賞 Long-Term Service to CzechInvest and the Association for Foreign Investmentが贈られました。

「チェコでの継続的な生産活動及び開発投資を行う意欲のある投資家が増えてきている証拠として、シーメンス社の開発設計センター事業が挙げられる。これを表彰できることは、大変光栄だ。また、長年に渡りチェコへの日本企業誘致に多大な貢献をもたらした素晴らしい人物、中越誠治さんを表彰したい」と、AFI会長カミル・ブラジェク氏は話しました。

本表彰式の枠外として、チェコインベストから三つの地域に、ビジネスと投資環境発展への取り組みに対する表彰が行われました。本年度の 「ビジネスに適した都市」 調査による地域部門にて 「STAR Region」 (Dolní Břežany、Zlatníky – HodkoviceとVestecの地方自治体連合)の代表者が一等賞を受賞。二等賞、三等賞は、それぞれクノヴィツェ市とトジネツ市が受賞しました。

司会: ヨラナ・ヴォルダーノヴァー女史

主催: 外国投資協会 (AFI)

共催: Česká spořitelna (Erste Corporate Banking のプロバイダー)

協賛: Asental Group、Colliers International、CTP、Grafton Recruitment、Linkcity Czech Republic

協力: Zátiší Group

報道パートナー: Euro週刊誌

後援: イジー・ハヴリーチェク産業貿易大臣