チェコ共和国 ビジネス・投資開発庁

menu

ニュース

コニカミノルタ、チェコへの投資倍増計画を発表

拡張投資により60人の専門家を追加雇用する計画

03.11.2016

2016年、コニカミノルタは新製品及びサービスの開発のため9,000万CZKを投下し、ブルノへ2つの研究開発センター「Konica Minolta Laboratory Europe」と「Business Innovation Centre Europe」を設立しました。この投資は高く評価され、チェコインベストとチェコインベストの姉妹エージェントAFI (Association of Foreign Investment) から「Significant Achievement in the Field of Investments in 2015」を受賞。授賞式は2016年10月25日に、産業貿易省大臣ヤン・ムラーデク氏の協力の下、プラハで行われる予定です。

コニカミノルタのイノベーションセンターは、欧州全土へ向けた最新の情報通信技術に焦点を当てたもので、優秀なIT専門家や科学者を多く雇用しています。当センターでは、拡張現実システムに利用するホログラフィック眼鏡、手書き文書のデジタル化、ドキュメントの内容読解といった技術を開発。研究から検査まで全ての開発フェーズをカバーしているだけでなく、ブルノ大学やSouth Moravian Innovation Centreおよび現地パートナーとの共同開発も実施しています。2015年に既に3,800CZKに及ぶ研究開発への投資を行ったコニカミノルタは、今回の拡張投資により、特に3D印刷・拡張現実・バーチャルオフィスといった先端技術・サービスに精通するチェコの専門家や科学者を、60人以上追加雇用する計画を発表しています。